浪速ふくろうベースボールスタジアム|学校法人浪速学院


ホーム  >  施設紹介  >  浪速ふくろうベースボールスタジアム

施設紹介campus

浪速ふくろうベースボールスタジアム


上空より撮影


ふくろうベースボールスタジアム概要

多目的総合運動場が開場して7年が経ちました。

平成30年3月16日 野球専用球場、浪速ふくろうベースボールスタジアムとして生まれ変わりました。

内野にはアンツーカーのレンガ土、人工芝を内外野に敷き詰めた高校では珍しいメジャー仕様のスタジアムになっています。

ナイター設備や場外には3箇所のバッティングゲージも完備されています。

雨が止めば外野からのバッティングも可能あり、ブルペンも4箇所それぞれ高さを変えた工夫もされています。

観客席にはヤクルトスワローズ(本校OB)大引啓次選手から寄贈された大引シートと新しく2階席のバルコニー席が設置され観戦には最高の場所となっています。

外野からも観戦できランニング走路としても活用されています。4月には桜並木が満開です。

場所は堺市南区豊田にあり、最寄り駅は泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅。生徒は学校より専用バスでの移動になります。


施設紹介



交通アクセス

住所

〒590-0106
大阪府堺市南区豊田2989-39

  • ・最寄り駅 泉北高速鉄道線「泉ヶ丘駅」
  • ・阪和自動車道「堺IC」から約10km、泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から車で約10分
  • ・JR阪和線「津久野駅」から車で約20分